MENU

腸内細菌で腸内環境を整える!腸内フローラとは?

腸内フローラ,改善,ダイエット,便秘解消

最近テレビや雑誌など多くのメディアで取り上げられて話題になっているのが腸内フローラです。

 

最近良く聞くキーワードですが、どのようなものか知ってますか?
腸内フローラは、腸内細菌が腸の中でフローラ(花畑)のように広がっている様子を指しています。

 

要は、腸内細菌のバランスが整っている状態を言います。
腸内フローラとは腸内環境が整っているかどうかを見る物差しになっているのです。

腸の中には大きく分けると3種類の菌がある

腸内フローラ,改善,ダイエット,便秘解消

腸内にはさまざまな菌が存在していますが、大きく分けると3種類の菌があります。

  • 善玉菌
  • 悪玉菌
  • 日和見菌

※日和見菌とは善玉菌、悪玉菌のそのどちらにも属さない菌のことです。
 状態によって善玉菌にも悪玉菌にもなり得ます。

 

腸内フローラとはこれらの菌のバランスが取れて美しい花畑のような状態になっていることを言うのです。

腸内フローラが乱れると現れる症状とは
便秘・下痢

腸内フローラ,改善,ダイエット,便秘解消

ではどうしてこの腸内フローラが人間にとって大切なのでしょうか。
腸内環境が悪化することで考えられる症状として代表的なのが便秘や下痢といったものです。
これらの症状には日常的に悩まされている人も多いことでしょう。
しかしこうした状態が長く続くと最悪の場合には大腸がんなど恐ろしい病気に発展することも考えられます。
決して甘く見てはいけない症状なのです。

精神疾患

腸内フローラ,改善,ダイエット,便秘解消

また、最近では腸内環境が精神疾患に影響を与えるとも考えられています。
幸せホルモンとも呼ばれるセロトニンという物質があります。
従来は脳内で作られていると考えられていたのですが、実は腸内でも作られていることがわかってきました。
つまり、腸内の状態がよくなることで精神疾患を予防したり改善させたりする効果があると期待されており、非常に注目されているのです。


腸内フローラの改善効果によって便秘解消を実感する方法

腸内フローラ,改善,ダイエット,便秘解消

腸内フローラは、お腹の中で生息している微小な細菌の集合体のことです。
人間の体の健康状態を大きく左右する性質を持っています。

 

腸内で活動している細菌には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類があります。
このバランスが崩れたときには健康が大きく損なわれてしまいます。

 

腸内フローラの充実度の違いにより、便秘解消免疫力維持の効果に差が出ることになります。

腸内フローラの乱れが便秘の原因に

腸内フローラ,改善,ダイエット,便秘解消

腸内フローラの中では、悪玉菌は特に厄介なものです。
不規則な生活習慣を改めて改善効果を引き出す必要があります。

 

胃腸に負担をかける食材として脂っこい肉類などがあります。
こういったものばかり食べていると、腸内フローラでは悪玉菌が優勢になる可能性が高まります。

 

腸内フローラが乱れてしまうと、本来は中立的な立場で傍観している日和見菌が動き出して、悪玉菌に味方してしまうことがあるのです。

 

このような状態になると、お腹から免疫力や代謝能力が低下して、病気に弱い体に変化してしまいます。さらに、便秘が慢性的になる場合もあることから、食生活から改めなければいけません。

 

善玉菌を増やして便秘解消&ダイエット

腸内フローラ,改善,ダイエット,便秘解消

便秘は腐った便を体内で長時間溜め込むようなものです。
長時間溜め込むと、便が固くなり出にくくなり便秘の悪循環を生みます。

 

善玉菌が好む食物繊維が豊富な食事にして、便秘解消効果も同時に引き出していきましょう。
食事では善玉菌の仲間になる乳酸菌納豆菌なども吸収しましょう。
そうすればダイエットにとっても理想的になります。

 

腸内フローラが健全になれば、便秘解消によって余計な老廃物が除去されます。
このような一種のデトックス作用によって美肌効果も顕著になります。


腸内フローラの身体における影響とは?消化・吸収以外には?

腸内フローラ,改善,ダイエット,便秘解消

人の腸は食べ物を消化・吸収する大事な器官です。
しかし、腸の機能はそれだけではありません。

 

腸は人の身体の中でも「第二の脳」と言われるくらい、様々な役割を果たしているのです。
そして腸内環境は細菌が密集して花畑のように見えることから腸内フローラと言われています。

 

この腸内フローラには数多くの細菌が存在しており、それらが身体に様々な影響を与えています。
まず、腸内フローラに存在する細菌は大きく3種類に分けられます。

  1. 腸の動きを活発にする善玉菌
  2. 腸の動きを鈍せる悪玉菌
  3. どちらにもなりうる日和見菌

が存在しています。そしてこれらのバランスにより腸の活動が左右されるのです。

善玉菌が多い場合

腸内フローラ,改善,ダイエット,便秘解消

まず、善玉菌が多いと腸の活動は活発になるため消化・吸収機能は促進されます。
すると全身の新陳代謝が活発になり、内臓機能も活性化します。

 

また、腸には免疫力を担う免疫細胞も多く存在しています。
腸内フローラの善玉菌が増えると免疫細胞も正常に働くため、免疫力がアップします。

 

また、腸は様々なホルモンを生成する場でもあります。
そのため腸内フローラが正常に働くことでホルモンのバランスも整います。

悪玉菌が多い場合

腸内フローラ,改善,ダイエット,便秘解消

逆に悪玉菌が多いと消化・吸収機能が低下するため代謝が落ちて太りやすくなります。
また、腸の動きが悪くなるため便秘になりやすくなります。

 

そして免疫細胞の働きも落ちるため免疫力が低下します。
さらにホルモンバランスも乱れるため、肌荒れや情緒不安定を起こしやすくなります。

 

このように腸内フローラの状態は身体に様々な影響を与えます。
そのため健康を維持するためには腸内環境を整えることが必要です。


腸内フローラを改善するには食物から栄養を吸収して運動もすると効果的

食べ物で腸内フローラを改善する

腸内フローラ,改善,ダイエット,便秘解消

腸内フローラを改善するには、第一には善玉菌を助ける食物を利用することが大切です。

 

牛乳を発酵させたヨーグルトには乳酸菌が含まれます。
また味噌には米麹によって醸された栄養や植物性乳酸菌が豊富です。
これらは積極的に取り入れるようにしましょう。

 

甘味料は砂糖を選ぶよりも、善玉菌を活性化させるオリゴ糖を選ぶと効果的です。
バナナは乳酸菌との相性がよく、消化吸収にも優れる果物です。
そのためヨーグルトと一緒に食べることがおすすめです。
食事だけで栄養が確保できない場合には、乳酸菌などのサプリも利用すると役立ちます。

 

適度な運動で腸内フローラの働きを助ける

腸内フローラ,改善,ダイエット,便秘解消

適度な運動は、腸の運動を活発にして、最終的には免疫力も強化する特徴があります。
どんなに良い食事をしていても、運動を全くしないようでは代謝が十分に機能しなくなります。

 

しっかりと筋肉を使うことによって、熱産生の能力も向上させることができます。
結果的には腸内フローラの働きも助けることになるわけです。

 

お風呂と睡眠の時間で腸内フローラの環境を整える

腸内フローラ,改善,ダイエット,便秘解消

腸内フローラを改善するには、お風呂にも入ってお腹を温めることが大切です。
お風呂は温活の習慣として重要です。
体温を高めて病気に対する抵抗力を増大させることを目指します。

 

入浴によって血流が良くなります。
体を温める効果は相乗的に働いて、お腹が冷えてエネルギーを持て余すこともなくなります。

 

お風呂でしっかりと温まったあとには、睡眠によって腸を休ませることも大切です。
夕食では腸への負担になる食物は避けて、消化に良いものを選ぶようにすれば、睡眠を妨げることがありません。

腸内フローラを改善する食べ物を積極的に摂取し、健康な体を目指しましょう

腸内フローラ,改善,ダイエット,便秘解消

近頃よく耳にする腸内フローラ。
この腸内フローラは研究によって、様々な事実が解明されてきています。

 

そもそも腸内フローラとは、色々な細菌が生息する腸内をお花畑に例えてつけられた言葉です。
細菌のバランスを理想の比率に近づけると、免疫力の高い健康な体に近づけるとのことです。

 

ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を増やし、大腸菌などの悪玉菌を減らすのが、腸内環境を整える最適な方法と言えます。

腸内フローラを改善する食べ物

腸内フローラを改善するには、特別なことをしなくても、食べ物で整えることができます。
積極的に摂りたい食品群と代表される食べ物としては、以下の様なものが挙げられます。

発酵食品

腸内フローラ,改善,ダイエット,便秘解消

・ ヨーグルト
・ 納豆

 

発酵食品は、乳酸菌や善玉菌を摂り込みやすくします。

オメガ3系脂肪酸

腸内フローラ,改善,ダイエット,便秘解消

・ ココナッツオイル
・ ナッツ類
・ サーモン

 

オメガ3系脂肪酸は、腸の動きをなめらかにする働きがあります。

食物繊維

腸内フローラ,改善,ダイエット,便秘解消

・ 野菜
・ 海藻
・ 豆類

 

食物繊維は、余分な脂肪の蓄積を抑える働きがあります。

 

また、いくら腸内フローラを改善したいからと言って、これらの食品ばかり食べるのは間違いです。
バランスのとれた食生活を心掛けることが大切です。

 

避けたほうがいい腸内フローラを乱す食べ物

腸内フローラ,改善,ダイエット,便秘解消

反対に腸内フローラを乱し、悪玉菌を増やす食べ物は、
・ マーガリン
・ クリーム
などに含まれるトランス脂肪酸です。
悪玉菌は、トランス脂肪酸を餌にして増殖していくため、食べ過ぎは禁物です。

 

このように、腸内フローラのために、良い食品・悪い食品を把握することが大切です。
食生活をただすことによって、腸内環境を整えていきましょう。


失敗しない腸内フローラ改善サプリの選び方

腸内フローラ,改善,ダイエット,便秘解消

腸内フローラとは、腸内にいる多様な細菌が種類ごとにまとまって、あたかもお花畑のように群生している様を表現したものです。

 

近年、腸内フローラの状態が健康面や美容面に多大な影響を与えるとして注目を浴びています。
そんな中、各メーカーから開発されたのが腸内フローラ改善サプリです。
腸内フローラを改善することで、

  • 様々な体調不良の改善
  • 病気の予防
  • 美肌効果
  • 便秘解消
  • ダイエット効果

などが期待できるため、こうしたサプリをとりいれようと考える方も少なくないはずです。

 

しかし、そこで問題となるのが数多くある商品の中らからどれを選べばいいのかということでしょう。
折角、生活の中にとりいれるのですから失敗しない選び方を知っておくことが重要です。

配合成分をチェックする

腸内フローラ,改善,ダイエット,便秘解消

まず一番のポイントは、以下の2つの成分が配合されていることです。

  1. 複数の乳酸菌
  2. オリゴ糖

乳酸菌の種類は数百種類以上もあります。
しかし、腸内に定着するかどうかは個人個人によって違います。

 

そのため、一種類しか配合されていない場合、合わない可能性の方が高くなってしまうのです。
複数の乳酸菌が配合されていれば、それだけ合う確率が高くなるため、配合されている乳酸菌の種類は多い方がいいのです。

 

また腸内に乳酸菌をとりいれても、エサとなる成分がなければ悪玉菌が優勢の場合、負けてしまう可能性があります。
それを防ぐのが乳酸菌のエサとなるオリゴ糖ですので、一緒に配合されているかどうかは選ぶうえでの重要なポイントなのです。

続けやすい価格帯であること

腸内フローラ,改善,ダイエット,便秘解消

次のポイントは続けやすい価格であるかという点です。
腸内フローラの改善はサプリを飲めばすぐにできるというわけではありません。

 

その効果が出るまでに時間がかかるものです。
そのため、あまり高いものは効果が出る前に続けられなくかもしれません。

 

そうならないためにも、無理なく続けられる価格かどうかをチェックするようにしましょう。
このようにして選べば失敗することはないはずです。


「腸内フローラの役割|腸内フローラを改善するとダイエットに効果的」関連情報