MENU

「デブ菌」を減らして「やせ菌」を増やそう!サプリ・食事などの方法

 

おなかの中の菌の種類で太りやすい体質か、やせやすい体質か決まることをご存知でしたか?

  • たくさん食べていないのにすぐ太ってしまう
  • ダイエットをしているのになかなか効果があらわれない

これはもしかしたらデブ菌の仕業かもしれません。

 

「デブ菌」を減らすのは腸内の「やせ菌」

同じ量を食べているのにあの人はやせていて自分は太っている、と不思議に思うことはありませんか?
実はこれには深い理由がありました。

 

それは「デブ菌」と「やせ菌」です。
私たち人間の腸内には「デブ菌」と「やせ菌」が存在します。

 

この二つの菌のバランスによって太りにくい人、太りやすい人に分かれると言われています。
これを踏まえて考えた場合、食生活を見直すことと、腸内のやせ菌を増やすことも同時進行で続ければ、より効果的に痩せられます。

 

腸内環境のバランスが整うことで、デブ菌によって太っていた人も、やせ菌の増加によって痩せるというわけです。

 

「デブ菌」を減らす方法はとても簡単

デブ菌を減らすために必要な方法は、やせ菌が増えるためのエサをたくさん取り入れることです。
やせ菌が好むエサは食物繊維です。

 

やせ菌のエサになるのは水溶性の食物繊維です。
もともと食物繊維には水溶性の食物繊維と不溶性の食物繊維があります。

 

水溶性食物繊維が多く含まれているのは、以下のような食材です。

  • ゴボウ
  • 切り干し大根
  • 納豆
  • ニンニク
  • かんぴょう
  • 押し麦など

しかしこれ以上に水溶性の食物繊維を含んでいるのが「らっきょう」そして「なめこ」なのです。
らっきょうなめこを普段の食事で積極的に取り入れることでデブ菌を減らすことが出来ます。

 

少しでも効果的に体質改善を目指すならバランスのいい食事が大事になります。
しかし、らっきょうなめこはあまり食卓に並ばないというご家庭、中には最近ほとんど食べていないという方も少なくありません。

 

また、これらの食材を使ったレシピもあまり思い浮かばないという人も少なくないのではないでしょうか?
そこで、らっきょうなめこを使ったレシピを紹介します。

 

「デブ菌」を減らす効果のある食べ物で料理を作ろう

らっきょう

 

 

オーブンを使ったレシピ

漬物コーナーなどで市販されているらっきょうをそのまま使ってもいいです。
手作りにこだわりたいのであれば生のらっきょうを水、お酢、唐辛子、砂糖のつけ汁に一ヶ月ほど浸して冷蔵庫で保管します。

 

これをハムとスライスチーズで巻いて爪楊枝で止めたものをオーブンで焼けば出来上がりです。
オーブンがなければ魚焼き用のグリルにアルミホイルを敷いて温めるのもいいでしょう。

 

こげないように注意してください。
先ほどのらっきょうは衣をつけてフライにしてもおいしくいただけます。
ご飯のおかずにもピッタリでしょう。

 

エシャロットのレシピ

エシャロットはらっきょうが育ち切る前に収穫したもので、野菜コーナーで販売されています。

 

これをフライパンで軽く焦げ目がつくまで焼いて、酒、砂糖、しょうゆ、みりん、お酢を混ぜたタレにつけながらいただきます
タレを作るのが面倒な場合はお味噌やマヨネーズをそのままつけて食べてもおいしいです。

 

生のらっきょうと挽肉とシイタケの味噌炒め

生のらっきょうと挽肉とシイタケをフライパンで炒めてお味噌で味付けをしてください
ご飯のおかずにもお酒のおつまみにもおすすめです。
食べるときに万能ねぎをのせてもおいしくいただけるでしょう。

 

なめこ

 

 

なめこはあのヌメリ成分も大事なので、洗うときはざるにあけてさっと水を流す程度にしてください。

 

なめこの味噌汁

一番簡単なレシピは味噌汁でしょう。
なめこだけでも十分おいしいですが、豆腐やネギなども一緒に入れると食べ応えがあります。

 

マーボーなめこ

ひき肉を炒めてなめこを入れます。
あとは醤油・味噌・砂糖・豆板醤など、麻婆豆腐と同じ調味料で味付けをするだけなので簡単です。

 

なめこのヌメリがとろみになるので片栗粉はいりません。
市販の麻婆豆腐のもとを使うとさらに簡単にできます。

 

なめこの納豆汁

納豆汁になめこを入れてお味噌汁のように作ればこちらも体が温まります。
納豆の成分は夜食べることでしっかり体内に吸収されるので、朝食ではなく夜に納豆を取り入れてみてください

 

「デブ菌」を減らすサプリで腸内環境を整える

 

「デブ菌」を減らすサプリも注目されています。
医薬品ではないのでその効果は即効性があるわけではなく、あくまでも健康をサポートすることを目的に取り入れていきましょう。

 

デブ菌」を減らすサプリの効果とは、やせ菌の量を増やすことを目的にしています。
やせ菌が増えればおのずとデブ菌が減りますから、体内環境を整えるために「デブ菌」を減らすサプリを取り入れていきましょう。

 

先ほどお話ししたレシピは毎日続けられるかというとなかなか難しいところではないでしょうか。
そこで「デブ菌」を減らすサプリを味方にしてみましょう。

  • ダイエットを続けてもなかなか効果が表れない方
  • 無理なダイエットで食事制限することがつらいと感じている方
  • 普段から慢性的な便秘でおなかの調子がよくない方など

特に上記の方にはおすすめです。
サプリメントは飲み続けることでその成分が体になじんでいきます。

 

短期間で痩せたいという方には向いていないでしょう
そもそも短期間で痩せることは体に大きな負担がかかります。

 

まずは「デブ菌」を減らすサプリでやせ菌を増やして体質改善を目指してみてはいかがでしょうか。
デブ菌」を減らすサプリを選ぶとき着目してもらいたいのが菌の種類です。

 

やせ菌と言われているものには「乳酸菌」「麹菌」「酵母菌」「ビフィズス菌」「酪酸菌」などがあります。
実はこの中の「酪酸菌」がやせ菌と言われているのです。

 

酪酸菌は短鎖脂肪酸を出す菌で、これが脂肪が体内に吸収されるのを防いでくれる効果が研究結果で分かっています。
そのため、「デブ菌」を減らすサプリを取り入れるなら、酪酸菌が多く含まれているものを選択するといいと言われています

 

酪酸菌のサプリを飲むときに注意したいこと

 

当たり前のことですが、菌の数が多ければ多いほどいいサプリになります。
ところが、何個菌が含まれているか、その数字に惑わされないことが大事なのです。

 

例えば、菌が1億個含まれているサプリと、100億個含まれているサプリならどちらを選びますか?
ほとんどの方が100億個のサプリを選ぶでしょう。

 

ところが大事なのはその菌の大きさなのです。
やせ菌の中で一番サイズが小さいのは乳酸菌で、一番サイズが大きいのは酪酸菌です。

 

そのため、酪酸菌が1億個と書いてあるものより、乳酸菌が100億個と書いてあるほうが効果が高いような錯覚になりますが、
先ほども話したように、やせ菌は酪酸菌なので数字に惑わされないことが大きなカギを握ります。

 

ちなみに酪酸菌が一番大きく、次が麹菌、酵母菌、ビフィズス菌、乳酸菌の順です。
酪酸菌は、生きたまま腸まで届くことが大事です

 

酪酸菌だけでなく酪酸菌のエサとなる成分も一緒に配合されたものが「デブ菌」を減らすサプリとして販売されています。
もともと菌のサイズが大きいところに菌のエサも一緒に入れなければいけないため、必然的のほかの菌に比べると菌の数が少なくなるのです。

 

腸内フローラ

>>効果とコストと成分で選んだおすすめの腸内フローラサプリ総合ランキングはこちら<<